屋根リフォーム工事

葺き替え工事

築年数の経過により、破損や劣化が起こります。補修ではなく、すでにある屋根材を撤去して新しい屋根材に葺き替える工事方法です。
古い屋根材を撤去するので、屋根の下地・野路板も一緒にメンテナンスすることができます。
部分的な葺き替え工事もできます。

カバー工法

既存の板金屋根・スレート屋根が老朽化して葺き替えが要する場合、既存の屋根を撤去せず、その上に金属屋根を葺く工法です。
・メリット
既存の屋根を撤去する必要がないので廃材や残材の処理費がかからず、全体的な工事のコストを抑えることができます。
・デメリット
既存の屋根材の上から施工するので、重量が重くなります。
施工できる屋根材の種類が限られます。
既存の屋根の下地部分が腐食していても発見するのが難しく、その部分だけ修理をするのが難しくなります。

耐震補強工事

棟といわれる頂点部分が昔の施工工法の場合、地震に弱いため特殊な金具などを使用して、耐震補強工事が行われます。
見た目がほとんどわからないため、行程写真にてご確認ください。

修理・部分補修工事

漆喰補修工事・棟取り直し工事・スレート板金の交換工事・瓦われ差替え工事・漆喰詰め直し工事・
漆喰棟取り直し工事では長期間にわたって漆喰が痛んでしまいますと、接着剤としての機能が果たせなくなるため「瓦ズレ」や「歪み」「雨漏り」がする可能性を補修する工法。

雨樋工事

ゴミや枯葉がたまることによる割れ・たるみ・部品の欠損などの交換工事。
雨樋清掃。